医療事故による損害賠償金や諸費用を補償します。

日本国内において医療業務を遂行するにあたり職業上相当な注意を用いなかったことに起因して患者に身体の障害(死亡を含みます)を与え、勤務医師(被保険者)の先生が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金をお支払いする保険です。
※保険期間中に発見された患者の身体・生命の障害が対象となります。

障害

医療業務によって患者の身体に障害を与えてしまった場合。

死亡

死亡医療業務によって患者を死亡させてしまった場合。

監督責任

直接指揮監督下にある看護師等が行った医療業務による事故で、その指揮・監督責任を問われた場合。

※保険会社から看護職等に対し代位求償する場合もございます。

出張診療時

常勤の病院ではなく、出張診療等における医療事故で先生方が責任を問われた場合。

次のような損害賠償金や諸費用に対して保険金をお支払いします

①法律上の損害賠償金

法律上の賠償責任が発生した場合において、被保険者が被害者に対して支払責任を負う賠償責任

②争訟費用

損害賠償責任に関する訴訟や示談交渉において、被保険者が引受保険会社の同意を得て支出した弁護士費用、訴訟費用等

③損害防止軽減費用

事故が発生した場合において、被保険者が他人から損害賠償を受ける権利の保全・行使手続、または既に発生した事故に係る損害の発生・拡大の防止のために引受保険会社の同意を得て支出した費用

④緊急措置費用

事故が発生し、被保険者が損害の防止軽減のために必要な手段を講じた後に賠償責任がないことが判明した場合において、応急手当、護送等緊急措置に要した費用、また引受保険会社の同意を得て支出したその他費用

⑤協力費用

引受保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求の解決に当たる場合において、被保険者が引受保険会社の求めに応じて協力するために支出した費用

この保険の対象外となる主なケース

  • 美容を唯一の目的とする医療行為
  • 医療の結果を保証することによって加重された賠償責任
  • 日本国外で行われた医療行為
  • 所定の免許がない場合

※詳細はパンフレットをご確認ください。

産業医等活動保険

(勤務医賠償責任保険任意付帯オプション)

産業医を対象とした賠償責任保険です。下記対象となる活動に起因して発生した不慮の事故について、医師個人が法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害を補償します。

高額化する医療機関における損害賠償金の例

賠償例01

<糖尿病性ケトアシドーシスでの管理不適切による四肢麻痺等の後遺障害>

悪搬入時、重症状態であったのにも関わらず集中治療室にも収容せず、検査の頻度も不十分でありカリウムの投与も適切になされなかったため、症状を改善させることができず心肺機能低下を招いたということができ、医師の患者に対する管理・治療に過失があったとされた事例

診療科目  内科
患者  14歳
判決  千葉地裁 敗訴(確定)
損害賠償額  1億8,872万円

 

賠償例02

<食道癌の手術後の呼吸管理が不十分であったため多臓器不全で死亡>

食道癌で摘出手術を受けた患者が術後心房細動が認識された際に、医師が人工呼吸を再開して必要な積極的治療をしなかったという呼吸管理の不十分という過失があったとして賠償責任が認められた事例

診療科目  外科
患者  59歳男性(会社経営)
判決  千葉地裁 敗訴(確定)
損害賠償額  1憶9,125万円

※浜松医科大学同窓会松門会会員の方のみご加入頂けます。※ご加入にあたっては、必ず「パンフレット」をよくお読みください。※ご不明な点がありましたら、弊社までお問合せください。※加入できない場合もございますのでご了承下さい。

2018年7月作成 18-T04893