病気やケガで「一時的に」働けなくなった時の給与補償です。

加入された医師の皆様方が、病気・ケガで一時的に働けなくなったときの収入の減少を最長1年間てん補する保険です。(2年のものもあります。)

入院はもちろん自宅療養もカバー

治療のために入院していること、または入院以外で医師の治療を受けていることにより、まったく働けない場合に保険金をお支払いします。

業務上・業務外を問いません。

業務上はもちろん、レジャーや海外旅行中の病気、ケガで仕事を休まれた場合でも、保険金をお支払いいたします。

いくつかの精神障害もカバー

統合失調症、うつ、ストレス性不安、睡眠障害などの精神障害に起因する就業不能も補修の対象になります。

ご加入時の医師の審査は不要です!

※ただし、加入時に健康状態告知書に健康状態をご記入いただきます。(ご記入いただいた内容によっては、ご加入をお断りしたり、保険会社の提示するお引受条件によってご加入いただくことがございます。

※上記内容は会員総合補償制度により異なる場合があります。

保険金のお支払い例

胃がんで1月1日より入院、1月15日に退院、その後自宅療養し、8月15日まで就業不能であった場合、所得補償保険金はいくら受け取れるでしょう。

所得補償金額:月々100万円プランの場合

支払対象期間:平成30年1月1日~平成30年8月15日(7か月15日)

所得補償保険{100万×7か月+(100万×15日/30日)} 750万円

・保険金額:100万円 ・てん補期間:1年間

・免責期間:7日(入院による就業不能については、免責期間の適用なし)

所得補償の簡易図

2018年7月作成 18-T04893