1b95d45c602a826e32a5c00b7ad13c4c_m

まず開業すると同時に今まで加入していた勤務医師賠償責任保険から診療所賠償責任保険に加入する必要があります。そのほかにも「事業保障対策」「開業資金など借入金の返済」「病気・災害による休業補償」「死亡退職慰労金の財源確保」「勇退退職金などの財源確保」等多くのリスクがあります。これらリスクに対してリスクマネジメントをする必要があります。また近々のリスクだけでなく、将来の相続・事業承継対策や後継者の進学資金まで見据えていく必要があります。

医療事故対策

医療事故による訴訟リスクは増大しており、支払うべき賠償金額が1億円を超えることも珍しくありません。

医療事故例

病気療養対策

病気やケガにより就業が困難になった場合、収入の減少は避けられません。特に先生方の場合は、就業不能後の収入減少は大きくなります。治療費はもちろん、生活の質を維持するためにも資金の準備をする必要があります。

遺族保障対策

万一の場合、残されたご家族が安心して暮らすためやお子様の教育資金など、医師のご遺族にふさわしい生活資金が必要必要となります。

事業保障対策

金融機関等からの借入れ資金に対する対策。火災時には設備や建物に大きな損害が発生した場合、高額な医療機器等の再調達に加え、建物オーナーへの高額な賠償金も考えられるので、確実な準備が必要です。また火災等で営業できなくなった場合、患者様が離れないため近くに仮店舗を構えることもあるでしょう。そのようなリスクに対して対策を講じる必要性があります。

医業承継対策

後継者に円滑に相続できるように資金を準備する必要があります。また相続時の納税資金の準備が必要となります。円滑な医業承継をサポートしていきます。

勇退後対策

勇退後も今まで同様の生活の質を維持するためには、まとまった生活資金が必要となります。そのための準備をする必要があります。