5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_m

ドクターの代表的なライフステージは、「研修医・勤務医」「個人で開業」「医療法人の設立」「医業継承を検討するとき」です。その中で今後どのようなライフイベントが発生するか、そのイベントではどのくらいの資金が必要かなど考えてことが重要となります。また開業を考えていくうえで、資金の準備が必要となってきます。このようなリスクや準備に対して保険を活用していく必要があります。

医療事故対策

医療事故による訴訟リスクは増大しており、支払うべき賠償金額が1億円を超えることも珍しくありません。

・医療事故に対する備えとは ・医療事故例

病気・療養対策

病気やケガにより就業が困難になった場合、収入の減少は避けられません。特に先生方の場合は、就業不能後の収入減少は大きくなります。治療費はもちろん、生活の質を維持するためにも資金の準備をする必要があります。

遺族保障対策

万一の場合、残されたご家族が安心して暮らすためやお子様の教育資金など、医師のご遺族にふさわしい生活資金が必要必要となります。

退職後対策

退職後も今まで同様の生活の質を維持するためには、まとまった生活資金が必要となります。そのための準備をする必要があります。